FC2ブログ
 



惑星Xと人類発祥(その4)
2018-02-21 Wed 20:04
ここで、そろそろ惑星Xの話をしよう。
惑星X=二ビル(Nibiru),シュメールの粘度板では、
太陽、月、冥王星を含めた第12番惑星とされている。
前記事にあるシッチン氏の掲げた大きなタブレットの左に
星が12個表記されている。
二ビルは3600年周期で太陽を周回している。
その軌道は太陽系面から大きく外れている。
我々の太陽系に別の太陽系が交差しているのだろうか?

現在非常に盛り上がりを見せているネット上の二ビルの話題。
世界の終わりが3日後に迫るという説までTV動画まで流れている。
あれ?去年の暮れの‘あの番組’は、
そんな話題が一つも出なかったと思う。
大きな惑星が地球の近くを通過するとどうなるのか?
もちろんお互いの惑星重力が作用してとんでもない事が起こる。
そんな終わりは来ないと思う。
という事は、二ビルが地球に接近しているのは真っ赤な嘘?

世界では太陽が二つあるのかと思うような写真や動画が
数多くあるのだ。中でも
アメリカCNNのサイト(2017年12月)から、
cnn_com二ビル12, 17, 2016投稿
太陽が二つ見えるなんて、映画以外で初めて見たよ〜!
作り物だろうか?

我が国の主要なメディアでは何のリークも無く、
皆無に等しいが、
二ビルの軌道や位置がどうなっているのか、当然気になる。
ネット上に数多くある画像の中で私の目にとまったのは、
こちらです。
psicorps_weebly_com二ビル軌道
(psicorps.weebly.comより)
専門的でとても分かりやすいです。
残念ながら2018年の位置が抜けているが、
この軌道を元にして考えると、
現在は太陽の近くを既に通過し、
加速度的に地球から離れ、向こう側へ抜けている所だと
思われます。地球とは全く接触しない軌道上です。

また、二ビルは攻撃されて?
粉々になったという説まであります。
デス・スター?

異なる視点からの動画もあります。

イギリスBBCが送る惑星Xの話題も少し長いですが、見ものです。

どこの放送か分かりませんが、
気になる内容がギュッと詰まっています。

空に異変は無いかと気になりますね・・

(続く?)







別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<春日和 | 天の川のほとりで.. | 惑星Xと人類発祥(その3)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天の川のほとりで.. |