FC2ブログ
 



惑星Xと人類発祥(その1)
2018-02-21 Wed 00:09
壮大なストーリーになる。

まずは流れに乗り、我が国の縄文時代に気を馳せたのだが、
土偶繋がりでシュメール文明へ、
はたまた最終的に“惑星X”へと辿り着いた。
何ぃ?太古と云われるような遠い時代に
宇宙人が来て遺伝子操作して現代の人類を造っただとぅ?!
聞いたような事がある話だが・・

人類の発祥については大いに興味がある。
どのようにして人類は誕生したのか?
猿人からホモサピエンスに進化したのか?

惑星Xについてはこのサイトのどこかの記事で
書いたような記憶があるが・・

縄文時代については原始の時代にふさわしく
生活様式などに興味がある。
縄文時代の始まりは紀元前1万4千年頃に遡る。
それを代表する中期の三内丸山遺跡は素晴らしいと思う。
縄文時代の晩期に土偶は多く造られ、
これは祭祀の道具とされている。

青森県津軽市出土bc1000~400
東京国立博物館所蔵:
青森県津軽市より出土した土偶/bc1000〜400
東京国立博物館所蔵

不思議な形をしている事に気が付く。
古代日本にゴーグル?まるで宇宙服?
人間じゃない形、宇宙服を着た宇宙人か?
何でこんなにずんぐりむっくりなのか?
縄文文明は紀元前4世紀頃に弥生文明へと交代していく。

一方、更に時を遡る紀元前5000年前頃の物とされる
シュメール文明の土偶、イラクから出土。
これも宇宙人ぽいです・・
まだシュメール文明が始まった頃じゃん?不思議。
hubpages_com.jpg
hubpages.comより

まるでトカゲか蛇か?肩に鱗?
右に子供らしき物を抱いている。
女性の宇宙人か?
縄文との共通点は頭上に被る物。
何を表しているのかよく分からないが、似ている。
それと、目の形は何故かそっくりだ!

(続く)


















別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<惑星Xと人類発祥(その2) | 天の川のほとりで.. | 大和魂、羽生結弦。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天の川のほとりで.. |