FC2ブログ
 



何気ない一言
2018-01-18 Thu 21:42
末期の癌で苦しんでいるおばあちゃんが言った。
「あなたはわたしが居なくても困らないだろうけど、
わたしはあなたが居ないと困るの。」
まるで私の心を察知しているような言葉を聴いて
驚いた。
『私の他にも職員が居ますので・・』
と答えると、首を振られた。
「大変な仕事だねぇ、ありがとう。」

いつもベットの上で過ごしている大正生まれで
戦争を経験している身体の不自由なおじいちゃんが、
無理をして疲れてしまった時に言われた。
「もうだめかもしれないから、言っておくけど、
今まで良くしてくれてありがとう、感謝しています。」
と真っ直ぐに私の目を見て言う。私は手を握り、
『私のおじいちゃんだと思ってお世話させて頂きました』
思わず心が震えて瞳が潤んだ。

脳梗塞を患って下半身麻痺になってしまった
頑張りやのおばあちゃんに、
「いつも○○さんには優しくして頂いて、
本当に感謝しています。」
と、いつもお礼を述べてくれる、
他人なんだけど、親戚のようなおばあちゃんもいる。

人に感謝される仕事は尊いなぁ、と感じた。








別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<神示・レボリューション | 天の川のほとりで.. | 輝かしい年になりますように>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天の川のほとりで.. |